toggle
2017-04-05

小宅古墳群の整備、進む。2017

今年もこの季節が来た!と言わんばかりに、古墳群の整備が進んでいます。

まずはこれ!!なんと粋な椅子なのでしょう。このあたりの木の整備をする中で残った木をつかって椅子ができていました。

 

ここから見える景色はこんな感じ。

古墳群の中でも小高いところにあり、見晴らしが最高!やっぱり地元の方はいい場所を知っていますね。

まだ桜は開花していませんが、桜が開花すれば見事な「菜の花と桜の丘」を見ることができますね。

そして何より芳賀富士も見えるんです。この3つをきれいに写真に収めることができ、

写真スポットとしてもおすすめです。

そして、今週は新たな椅子づくりが!!

古墳の丘ですから登り坂も多く、「一休みできる場所があるといいな」そんな声にこたえるべく椅子を制作しているそうです。この木も、この地を整備する中で切った木なんですよ。
とても気持ちのいい笑顔で作業されていて、こちらまで元気をもらえました。完成が楽しみですね。

町の協力もあり、トイレも完備されました。小さなお花のプランターがあったり、手洗いのスペースがあったりと小さなところまで素敵ですね。

そして、個人的に一番粋だなーと思ったのが、これ!!

ござの貸し出しが始まったんです!この丘は本当に気持ちよくて私たちもよくピクニックに行くのですが、こうやってござがあるとより気軽に楽しめますね。
ちなみにこの入れ物はに、里山の会のメンバーのお孫さんが絵を描いたそうです。かわいい絵も隠れていますから、ぜひ見に来てくださいね。

人の思いが重なり、より訪れやすい小宅古墳群へと進んでいっています。

その変化も楽しいですね。

今週から来週にかけて桜も開花しそうです。ぜひ春のお散歩に来てくださいね。

関連記事